リブリックとは?what’s ribrik

沖縄特有の気候風土に根ざし、
プライバシーを確保しながら光と風をとりこむ。
外部空間とゆるやかに繋がる居心地の良い空間が
家族とのコミュニケーションを育みます。

沖縄で快適に暮らせる家ってどんな家だろう
答えのひとつはこの島の伝統的な琉球建築にありました。
たとえば夏場の日差しを遮るように軒を深くした雨はじや
間口を広くした風通しのよいつくり、
人が集まりやすい室内空間など
自然と、人と、調和しながら暮らすための知恵や工夫です。
時代の価値観に根ざし、沖縄特有の気候風土を活かしたリブリックの住空間を新・琉球建築として提案しています。

amahaji-space雨はじ空間

沖縄の強い日差しや台風による雨を防ぎ、
外部環境を緩やかに室内にとりこむ雨はじ空間

沖縄の伝統的な建築様式である「雨はじ」を現代版に活用。
瓦葺きの屋根は軒を低くすることで防風対策であると同時に、夏場の日射を遮ります。
植栽や緑化システムなどを積極的に採りいれることで、夏の暑さを和らげ、四季の彩りや自然の癒しをもたらします。
広いデッキ、雨の日の遊び場にもなる軒下空間、植栽を楽しめる坪庭など屋外空間も活用できる住まいを考えました。

hinpun&Surrounding gardenひんぷん&囲い庭

ひんぷんの考え方を活用し、プライバシーを確保
光と風を通し、自然を住空間に取り込む囲い庭

沖縄の伝統的な建築様式である「ひんぷん」を現代版に活用。
ひんぷんは「魔除け」という役割もあるが、通りからの目隠しと南風が屋敷へ抜けていくように設計されています。
敷地内への最低限のプライバシーを確保し、空や庭などの自然や外部環境を住空間へ取り込むことができます。
庭を囲んだ住空間も沖縄の風土に根ざした提案の一つ
室内リビング、ウッドデッキそして広い庭、さらには屋外空間が繋がるリビングガーデンとなり、開放的で心地良い大空間となり、
屋外も全て生活空間にする贅沢なプランニングが実現します。

Living Kitchenサンクンリビング

家族団らんも大宴会も賑やかに楽しめる。
一族みんなが居心地よく集える、サンクンリビング。

家族団らんも、賑やかなパーティも。人数に関係なくみんなで楽しめるフレキシブルなサンクンリビング。部屋の床が一団掘り下げられていて、段差に持たれたり腰掛けたり、自由に座ることができます。
人数を問わず、いつもみんなが自由に寛げる、広く心地よくフレキシブルなリビングだから家族団らんはもちろん、親せきや友だち、ご近所の方々が集まる大宴会にもぴったり。

  • 家ができるまで
  • 施工事例
  • 重軽量鉄骨構造
  • ゼロエネルギーを目指して

ページトップへ